090-4307-3977

阪急大宮駅から徒歩20分、JR丹波口から徒歩2分
京都でキックボクシングやブラジリアン柔術が習える空手教室【カラテ道 空我】

090-4307-3977

Mail Form

空我ブログ

日別アーカイブ: 2017年1月6日

【UFC207感想】女子格闘技ロンダ・ラウジー時代の終焉?

日本時間の12月31日のお昼ごろに行われたUFC207のメインカードですが、2つのタイトルマッチが用意されていました。

images

一つはUFCバンタム級タイトルマッチのドミニク・クルーズvsコーディ・ガープランドともう一つはUFC女子バンタム級タイトルマッチのアマンダ・ヌネスvsロンダ・ラウジー。

ドミニク・クルーズは怪我に苦しんで長期の戦線離脱がありながら復帰してからも独自の試合展開でその健在ぶりをアピールしてきました。

対するコーディ・ガープランドはパンチの強さを前面に出したファイタータイプだと思っていたのですが今回のタイトル戦では常にプレッシャーを掛けながらもクルーズの攻撃に対して落ち着いたディフェンスの対応をし続け次第に自分のペースに持ち込みこんでいきました。

見事な完封劇だったと思うのですが、あまりにも相手を挑発する行動が多くて観ていてあまりいい感情を抱けませんでした。それはそれとしてドミニク・クルーズがあんなふうに手詰まりになっている姿を見るのは初めてだったので驚きましたし、その実力を証明した試合だったといえるでしょう。強いバンタム級チャンピオンが誕生したな、という印象ですがまずはTJ・デラショーとの防衛戦がどうなるか?期待して試合の決定を待ちたいと思います。

さてもう一つのタイトル戦のアマンダ・ヌネスvsロンダ・ラウジーですが、戦前の個人的な予想では6:4ぐらいでヌネスが有利ではないか?と考えていました。理由はヌネスがタイプが違うとはいえラウジーをKOしたホーリー・ホルムと同様に打撃が得意な点と、柔道出身でラウジーの柔道のスキルに対しての対応力が今までの対戦相手よりもずば抜けて高いのではないかという予想からでした。加えてラウジーの試合前の発言も以前と比べて試合に対するテンションが低いようにも感じていました。

しかし、ラウジーにはいままでの実績があります。大舞台の場数も比べ物にならないと言っても言い過ぎではないでしょう。いずれにしても勝負は1Rで決まる可能性が非常に高い。そう感じながら試合を待ちました。

入場してオクタゴンに入ったラウジーの身体をみるといつもよりも小さく感じました。よく言えばシャープな体つきともいえるのでしょうが個人的には迫力が亡くなったように感じました。

そして、試合が始まるとパンチに対してほとんどまともに反応できずにどんどんパンチを被弾してしまいそのままKO負け。

特に足が棒立ちで膝の柔らかさを全く感じませんでしたし、ここまで動けないと肉体的な問題よりも精神的な問題が大きく影響したように感じます。

ロンダ・ラウジーが今後どのような身の振り方をするのかはわかりませんがもしこの試合で引退となってしまうとさみしいと思わざるを得ません。

もう一度強いロンダ・ラウジーを観たいと思っているのは私だけではないはず!女子格闘技全体の為にももう一度だけでも復活してもらいたいと思います。