090-4307-3977

阪急大宮駅から徒歩20分、JR丹波口から徒歩2分
京都でキックボクシングやブラジリアン柔術が習える空手教室【カラテ道 空我】

090-4307-3977

Mail Form

空我ブログ

月別アーカイブ: 2016年6月

映画「デッドプール」を4DXで観てきました

YouTube Preview Image

レイトショーでみたら安く観られるからいいな~と思って映画館に行ったのにまさかの4DXで料金を2500円も取られました\(^o^)/

4DXというのは椅子が動いたり、背中やお尻をボコボコ突かれたり、水がブシャーと跳んで来たり、空気がプシューと吹きかけられたり、なんだか変な香りが出たり、スクリーンの周りが光ったり、煙が出たり、という大変騒がしいなか映画を観なければならないシステムです。

正直言うと予告の時点で「普通の椅子で観たい…」と思いましたが、慣れてくるとまぁなかなか楽しく観れました。ただ、今後喜んで4DXで観賞しようとは思わないでしょうねぇ、よっぽど合っている映画があれば別ですが…。

肝心の映画の方ですがこの「デットプール」というヒーローは漫画でも共通する設定なのですが

「自分が漫画の登場人物であることを知っている」

というヒーローなのです。なのでガンガン観客に語りかけたり、カメラの位置を変えたり画面が汚れたら拭いちゃったりします。

この掟破りの設定は楽しくてヒーローものや映画に詳しい人ならわかるギャグがふんだんに盛り込まれていて、いままでの映画のフレームを壊すような快感がありました。

ただ、これはこの映画でしかやってはいけないというか、こんな映画が当たり前になってきたら問題だと感じました。

「デッドプール」はアメリカでは18禁に日本ではR15に指定されているのは過激な性表現や暴力表現が描写されているというのがその理由ですが、いろんな映画を観て映画的な文法を理解してからこの映画を観た方がいいという意味でも、映画リテラシーのある大人向けの映画といえるでしょう。

あまりにもヒーロー映画というジャンルが肥大化したことからこういう「メタヒーロー映画」と呼んでいいようなヒーロー映画の解釈を拡大したり縮小したり変形したりする映画が登場してきました。その先駆者は「ウォッチメン」や「キックアス」だと思いますがこの映画もその系譜となる映画でしょうね。そこまでの傑作といえるかどうかは少し疑問ですが…。

最後に悪役で出てきた元女子格闘家であるジーナ・カラーノは私のアイドルで最高にカッコよくてセクシーでキュートな女性だと思うのですが、デットプールに「こんなホセ・カンセコみたいな女」と言われていたのには笑いました。

アクション女優として素晴らしいのは分かるのですがそろそろジーナ・カラーノの本来の魅力であるキュート役が観てみたいな~と思っとります。

YouTube Preview Image

※フェイスブックでご覧の方はクリックorタップしてもらいますとブログの方にジャンプしますのでそちらで動画(youtube)をご覧いただけると思います。ぜひご覧ください。

 

映画評論家町山智浩氏が語るモハメド・アリ

YouTube Preview Image

今更ながらボクシング界というよりもスポーツ界最大のヒーローといってもよいモハメド・アリが死去されました。

アメリカのヒーローでありながら黒人差別やベトナム戦争といったアメリカの暗部と対立したモハメド・アリ。ボクサーとしてのモハメド・アリとは違った視点で町山氏が語ります。

モハメド・アリがどれだけ偉大であったか、なぜ歴史的なスポーツマンなのか…ぜひお聞きください。

※フェイスブックでご覧の方はクリックorタップしてもらいますとブログの方にジャンプしますのでそちらで動画(youtube)をご覧いただけると思います。ぜひご覧ください。

【格闘技ニュース】UFC200でブロック・レスナー復活!マーク・ハントと対戦!!

YouTube Preview Image

UFC200の記念大会でブロック・レスナーが1試合限りの復活をすることが決まりました!

一時期は病気の為に命が危ういとまで報道されたこともあったレスナーですが、病気を克服し現在はWWEで再び活躍しています。

そのレスナーと対戦するのは42歳でありながらUFCヘビー級で大きな存在感をみせるマーク・ハント\(^o^)/

ブロック・レスナーの”スピアー”や怪力での首相撲に捕まればマーク・ハントは厳しい展開を余儀なくされるでしょう。逆にパンチの打ち合いとなればハントに分があると言って間違いないと思います。

UFC200という節目の大会にお祭り的なカードが追加されて気持ちが盛り上がりますね!流石にこの大会はニコニコ動画で無料というわけにはいかないのでしょうかねぇ(^_^;)

【総合格闘技動画】ONE CHAMPIONSHIP デェダムロン・ソー・アミュアイシルチョークvs内藤禎貴(のび太)

2016年5月27日(金・現地時間)タイ・バンコクで行われたONE CHAMPIONSHIPのストロー級タイトルマッチの動画です。

YouTube Preview Image

内藤選手は修斗では「内藤のび太」のリングネームで活躍し、修斗世界フライ級王者でもあります。

対するONEストロー級チャンピオンのデェダムロンはムエタイ出身で元ルンピニースタジアム認定ミニフライ級&ライトフライ級王者とのこと。

内藤選手はこれで修斗とONE CHAMPIONSHIPストロー級の2冠となったわけですが、修斗のタイトルは返上するのでしょうか?

とにかく、現在のアジアで最も権威のあるタイトルといってよいONE CHAMPIONSHIPのベルトを奪取した内藤選手を称えたいと思います。

 

※フェイスブックでご覧の方はクリックorタップしてもらいますとブログの方にジャンプしますのでそちらで動画(youtube)をご覧いただけると思います。ぜひご覧ください。

 

【格闘技ニュース】UFC199 でマイケル・ビスピンがまさかのミドル級タイトル戴冠

UFC199はいわゆる「神興行」ってやつでしたねぇ。白熱した試合の連続でした!

まぁ無理だろうな~と思っていたマイケル・ビスピンがまさかの1RKO勝利となりました(^_^;)

やっぱり勝負はやってみないとわかりませんねぇ。ロックホールドの勝利が固いと思い込んでいました、反省します…。結果論ですがロックホールドはビスピンの打撃を甘く見過ぎていましたね。間違いなく油断というか差を見せつけてやろうという気持があったように感じました。

ミドル級はおそらくジャカレイがタイトルに挑戦することになるのでは?と思いますが一気に群雄割拠感が出てきましたねぇ。ビスピンがタイトルを防衛できるのかどうか?厳しい戦いが続くとは思うのですがイギリスの名物男の活躍を期待したいと思います。

他にも45歳のダン・ヘンダーソンのまさかのハイキック炸裂など見どころいっぱいでした。

 

最後にドミニク・クルーズvsユライア・フェイバーの試合は大体思ってた通りの感じでした(~_~;)

 

ボクシング映画「サウスポー」が気になる

YouTube Preview Image

ボクシングを題材にした映画「サウスポー」の予告です。

ジェイク・ギレンホール主演でフォレスト・ウィテカーがトレーナー役という渋めの実力派俳優が演じ、「トレーニングデイ」を撮った監督のボクシング映画ということで、人間ドラマ、トレーニングシーン・ボクシングシーンをどういう風に描くのかが気になるところです。

でも、この俳優陣では日本においてはヒットしにくいかもですね…。

※フェイスブックでご覧の方はクリックorタップしてもらいますとブログの方にジャンプしますのでそちらで動画(youtube)をご覧いただけると思います。ぜひご覧ください。

 

ところで、最近入会していただいた会員さんは左利きの方、そう”サウスポー”が多いんですよね。前にもサウスポーが多かった時期があるのですが、最近のサウスポー増加率はびっくりしています。

サウスポーの方は技の組み立てやセオリーが変わってくるのでミットを受けるのも難しかったりするんですよねぇ。ちゃんとミットを持って指導できるように勉強して参りたいと思います(^_^)

 

空我では一般会員・子供空手教室ともに、また拳友館(円町・上賀茂)では子供空手教室のご入会を随時受け付けておりますので、ご質問や見学・無料体験のご希望などございましたらこちらからどうぞお気軽にお問い合わせください↓

お問い合わせフォーム

℡ 090-4307-3977(三上)
Email kurotaka.mikami@gmail.com

※当道場は暴力団・反社会的組織に所属する方の入会をお断りします。

【格闘技ニュース】キックボクシング団体「レベルス」が新ルールを発表

キックボクシング・ムエタイ団体のレベルスが特別ルールを発表しました。

【レベルス】倒れた相手に攻撃OKの過激ルールを導入

特別ルールとは

・オープンフィンガーグローブ着用

・ヒジ打ち・投げを認める

・立っている状態(2点ポジション)であれば、倒れている相手にどのような攻撃でも認められる

という内容で、詳細は後日発表があるようです。

 

確かにこのルールはかなり実戦的に感じますし、このルールで強ければMMAでもスムーズに対応できるようなイメージもわきます。

投げありの打撃格闘技といえばシュートボクシングが頭に浮かびますがオープンフィンガーグローブを着用という点と、倒れた相手に攻撃しても良いという点が明確に違いますね。

記事のタイトルには”過激”という単語が入っていますが、このルールはいわゆる”馬乗りからのパウンド”がありませんので現代のMMAルールと比べるとやや安全ともいえるかもしれません。

疑問点としてはジャンプしての踏み付けはどうなるのかという事を考えました。ジャンプ中は正確には”2点ポジション”ではないですよね。それを言ったら蹴り技すべてが”2点ポジション”かどうかという面倒な話になってしまうかもしれませんが(^_^;)

もう一つは相手を膝で抑えるような形(柔術でいうニーオンザベリー)のような形はどうなるか?という点です。相手を地面と同じように定義すれば3点ポジションですし、相手に膝蹴りを落としていると考えると2点ポジションから膝蹴りで相手を抑えているともいえると思います。

とにかくまずはルールの詳細の発表を楽しみに待ちたいと思います。

最近は極真会館のルール変更などもあり、”強さ”を再定義しようとする動きが活発になっているように感じます。こういった試みがよいことなのかどうかは時間が経たないとわからないという事もあるかと思いますが、現状に飽き足らず新たな試みに挑戦する姿勢は素晴らしいことだと思います。

 

【格闘技ニュース】UFC199 ルーク・ロックホールドvsマイケル・ビスピン PV

6月4日(日本時間5日)に開催されるUFC199のPVです。ルーク・ロックホールドvsマイケル・ビスピンのミドル級タイトルマッチの他にもセミファイナルにはドミニク・クルーズvsユライア・フェイバーという因縁の対決もあります。

ドミニク・クルーズとユライア・フェイバーがコーチを務めていたシーズンのTUFは本当に面白かったなぁ。本来はコーチ対決でドミニク・クルーズvsユライア・フェイバーを行う事が決まっていたのにクルーズが膝の怪我で長期の休養を余儀なくされ、急遽代打として出場したへナン・バラオンがフェイバーに勝利してチャンピオンとなったわけです。

ドミニク・クルーズの戦い方は好き嫌いはともかくトリッキーでインテリジェンスを感じます。常に判定狙いの”塩ファイター”かと思いきや試合をフィニッシュする力も持っているので相手としてはやりにくいことこの上ないでしょうね。

ミドル級・バンタム級の両タイトルマッチはチャンピオンの防衛の可能性が高いのではないかと思っています。

YouTube Preview Image

【キックボクシング動画】- 60kg日本代表決定トーナメント 準決勝・決勝戦

- 60kg日本代表決定トーナメントの準決勝・決勝の動画になります。試合はやはり生で観るのが一番ですが動画で観たい試合のみをどこでもすぐに観られるのはありがたいですね。いい時代になりました。

 

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

キックボクシングでは那須川天心vs武尊の対戦が期待されていますが、大雅選手がこの階級に体重を上げなかったら那須川選手との試合も観てみたかったなと思います。

ただ、那須川選手も若いので将来的には実現の機運が盛り上がるかもしれませんね。これからの若い選手の活躍を期待したいと思います(^_^)

 

【キックボクシング動画】 K-1 –60kg日本代表決定トーナメント・一回戦

youtubeのK-1公式チャンネルで –60kg日本代表決定トーナメントの動画がUPされていたので紹介させて頂きます。やっぱりこのルールでのワンデイトーナメントは一回戦がカギですね~。

昔と比べると日本人の軽量級・中量級でもパワーのある選手が増えたような気がします。とくに大雅選手は素晴らしいですね。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

 

【関連記事】

【キックボクシング動画】K-1-65kg日本代表決定トーナメント・準決勝・決勝

【キックボクシング動画】K-1-65kg日本代表決定トーナメント・一回戦

【試合動画】『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント』出場選手同士の対戦動画