090-4307-3977

阪急大宮駅から徒歩20分、JR丹波口から徒歩2分
京都でキックボクシングやブラジリアン柔術が習える空手教室【カラテ道 空我】

090-4307-3977

Mail Form

空我ブログ

朱里選手のKrush王座返上、総合格闘技挑戦を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

朱里選手がKrushの女子王座を返上してパンクラスに参戦し、MMAに挑戦することを表明しました。

そのことはいいのですが、せめて最近実力を高く評価されているKANA選手と対戦して勝利してからにしてもらいたかったという思いがあります。

YouTube Preview Image

Krushとしてはおそらく次の防衛戦にKANA選手を考えていたでしょうし、実際女子キックボクシングの歴史に残るような試合になった可能性もあったと思うのです。

このところ世界中でキックボクシングの選手のMMA挑戦の流れが止まりません。個人的には総合格闘技もすばらしいと思いますし、打撃系の選手がMMAで活躍する姿を見るのには胸が躍ります。

しかし、あまりにもこのような傾向がつづくとキックボクシングというジャンル自体の存亡にもかかわるような事態にもなりかねません。

国内にもいい選手はたくさんいると思いますので各団体の選手が一堂に会するイベントをなんとか企画できないものでしょうか…。一昔前と比べたらこれでも随分と選手がいろいろな団体のリングに上がれるようになってきて風通しがよくなってきてるとは思うのですが、選手やファンにとって夢のある舞台ができることに期待をしたいです。