090-4307-3977

阪急大宮駅から徒歩20分、JR丹波口から徒歩2分
京都でキックボクシングやブラジリアン柔術が習える空手教室【カラテ道 空我】

090-4307-3977

Mail Form

空我ブログ

【RIZINの感想】ミルコまさかの優勝に感動、しかし…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

ダウンロード

29日、31日の2日間に渡って開催された今回のRIZINですが気になった試合をいくつか

今回のイベントで1番MMAの試合としてクオリティが高い試合だと戦前に感じていたのは北岡悟vsダロン・クルックシャンク戦でした。クルックシャンク選手はUFCをリリースされはしましたがUFCの中でも平均以上の力を持っていると感じていたのでこのあたりの選手に北岡選手が勝てるのかどうか気になっておりました。

最初は打撃戦に終始してクルックシャンクが一瞬タックルへの警戒感が薄れた瞬間に一回のタックルを決めて一気にフロントチョーク。打撃に耐えた北岡選手が肉を切らせて骨を断つ見事な試合でした。

無差別級トーナメントはミルコが見事優勝して感動しましたが、まずは散々偉そうなことを言って欠場をしたヴァンダレイ・シウバの代わりに強行スケジュールで参加してくれたキング・モー選手には本当に感謝しなければならないですよね。(^_^;)しかし、それにしても今のミルコ選手がキング・モー選手に勝てるとは思っていなかったので衝撃的でした。ただ、ミルコの身体はナチュラルなんですかねぇ…。

女子の試合も盛り上がりましたし、那須川選手も含めてフライ級の選手が存在感を見せましたので今度は女子のストロー級のトーナメントや、フライ級のトーナメントというのも確かに良いかもしれませんね。ただ、MMAルールのワンデイトーナメントは選手同士の相性もありますし、今回の無差別級トーナメントもそうですが試合の展開によって選手の消耗度が違いすぎるところがあるので微妙な気持ちです。ワンデイでないなら大歓迎ですね。

まだまだ過去のレジェンド的な選手に頼る場面が多いRIZINですが徐々に若い選手に注目が当たる流れになるよう期待しています。

あとは今に始まったことではありませんがレフェリングがどうも公平性に欠けるような印象があったのは私だけでしょうか?例えば那須川選手の29日の試合は見込み一本でストップされても文句は言えない極まり方に見えました。場合によっては選手生命にかかわるような怪我の一歩手前だったと思うので選手を守るためにも安全性や公平性にはよりこだわってもらいたいと思います。