090-4307-3977

阪急大宮駅から徒歩20分、JR丹波口から徒歩2分
京都でキックボクシングやブラジリアン柔術が習える空手教室【カラテ道 空我】

090-4307-3977

Mail Form

空我ブログ

KNOCK OUTの判定について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

2月12日、ノックアウト那須川天心vsスアキム戦などで大変盛り上がった大会でしたが個人的にはスッキリしない判定の試合もありました

それがこの動画の2試合です

 

健太選手が明確に取られたラウンドは一つもなかったと思いますし 2ラウンド以降は終始攻勢に出ていたのは健太選手だったと思います。5ラウンドが不可思選手なら2・3・4ラウンドは健太についてないと公平でないと思いました。

もう一つの重森選手vs宮越選手も1ラウンドから4ラウンドまで終始重森選手の左ミドルが有効だったと思います。これで引き分けというのも首を捻ってしまいました。

ノックアウトの運営にはもう少しジャッジの基準などについて明確なアナウンスを出してほしいというのが個人的な思いです。せっかくいい試合が続出しているのに、判定で物議を醸すのは選手にとって不幸なことだと思います。

※フェイスブックでご覧の方はクリックorタップしてもらいますとブログの方にジャンプしますのでそちらで動画(youtube)をご覧いただけると思います。ぜひご覧ください。