090-4307-3977

阪急大宮駅から徒歩20分、JR丹波口から徒歩2分
京都でキックボクシングやブラジリアン柔術が習える空手教室【カラテ道 空我】

090-4307-3977

Mail Form

空我ブログ

「K-1 WORLD GP」3.21で急遽スーパー・フェザー級王座決定トーナメント開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

最近大激震の新生K-1ですが急遽スーパー・フェザー級王座決定トーナメント開催が決定しました。

この動画の出場メンバーを見ると確かに興味深い対戦カードばかりでネガティブな雰囲気を吹き飛ばせそうな気もします。

しかし、だからと言ってK-1をめぐる様々な動き、とりわけこのトーナメントを開催せざるをえなくなった起因となるトライハードジムの離脱についての説明が十分になされているとは個人的には思いません。

また、ワンデイトーナメントが大会を盛り上げることは認めつつもワンデイトーナメントの乱発は選手の負担を考えるとやめておいた方が良いと個人的には思っています。

今回動画でも武尊が「一度は断った」と言っていましたがその気持ちはなんとなくわかるような気がしますし、K-1におけるこれまでの武尊の活躍は特別扱いをするに値するものだと思います。

新しい重い階級で一日に三試合するとなると負けのリスクが相当高くなってくるのは否めないでしょう。

このような流れで武尊に負担をかけて、その結果武尊の商品価値が下がってしまうかもしれないというのはK-1にとっては痛くないかもしれないですが武尊にとってはとんだ迷惑だと思います。

見る人によって感じ方が変わってくるアナウンスだと思うのですが皆さんはどうお考えでしょうか?

 

※フェイスブックでご覧の方はクリックorタップしてもらいますとブログの方にジャンプしますのでそちらで動画(youtube)をご覧いただけると思います。ぜひご覧ください。