090-4307-3977

阪急大宮駅から徒歩20分、JR丹波口から徒歩2分
京都でキックボクシングやブラジリアン柔術が習える空手教室【カラテ道 空我】

090-4307-3977

Mail Form

空我ブログ

「朝青竜を押し出したら1000万」で改めて朝青竜の強さがわかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

大晦日、地上波TVでのボクシング・格闘技に加えてネットTVのAbemaTVでも「朝青龍を押し出したら1000万」という企画番組がありました。

さまざまな経歴を持つ力自慢や柔道銀メダリストやボブ・サップや琴光喜など強者相手に一晩で8連戦を行うというハードなものでしたが、結果的には危なげなく元横綱の力の凄さを世間に改めて示す結果となりました。

また相撲というものが単なる力比べの簡単な競技ではないことも世間に伝わったということも良かったのではないでしょうか?

でも当日は他のチャンネルをザッピングしながら見ていたのでチャンネルやらの切り替えがなかなか大変でした(笑)

それから今回の企画に対して思うのは放送時間に対して取組の時間が極端に短いので、ずっと観ていた人はかなりきつかっただろうなという点です。チラみしていた私でさえまだやらないのか?とやきもきしていましたから…。

朝青竜は品行方正な優等生の横綱ではなかったかもしれませんが、相撲に対するピュアな思いや自分に対する自信が伝わってきて改めて素晴らしい力士だったことを再確認しました。

本人の行動が招いた結果とはいえもう少し長く朝青竜の取り組みを見れたらよかったなといまさらですが改めて感じました。

最後の取り組みを終えた後の朝青竜の清々しい顏が印象的でした。

実業家としてモンゴルで大成功をしている朝青竜は人間として強いんでしょうね。自分にはないものを感じて羨ましく思ってしまいます。